« 沖縄でリゾートに泊る◆ ジ・アッタテラス・クラブタワーズ  《クラブラグジュアリー》2 | トップページ | 那覇で泊る◆ハイアットリージェンシー那覇沖縄 《クラブデラックスツイン》1 »

沖縄でリゾートに泊る◆ ジ・アッタテラス・クラブタワーズ  《クラブラグジュアリー》3

“沖縄でリゾートホテルに泊る”シリーズ、第12弾。
「ジ・アッタテラス・クラブタワーズ」のクラブラグジュアリー宿泊記の続きの続き。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

・バー
+1。プールサイドに、「ライブラリーラウンジ&バー」がある。
11:00~14:30はランチ会場として、
14:00~16:00はプールサイドバーとして、クラブサービスのためドリンクやスイーツが無料。
17:00~19:00もカクテルタイムとしてカクテル各種が無料。
それ以降も24時までバーとして、有料ながらアルコールやフードメニューを楽しめる。
なお夜のみ喫煙可。

The_atta_terrace160711

山の中のホテルなので(さすがにくどいか)、
天井にヤモリが「こんばんわ」してくる。
沖縄方言で「やーるー」と呼ばれるが、沖縄でも「家守」すなわち家の守り神とみなされているそうで、バーマンもヤモリに気付いてもにこにこ見てるだけ。
爬虫類に弱い方は、上を見上げないようにしましょう。かわいいけどね。

The_atta_terrace160712 The_atta_terrace160713


ティダ・コラーダ(1,870円)。
ホテルオリジナルカクテルだが、
慣れてるはずのバーマンのお兄ちゃんですら「ティダコリャ、ティダコラャ」と何度も舌を噛んだ難読カクテル(^-^;
ココナッツは抑えられ、パッションフルーツが強いので酸味が立った爽やかなロングカクテル。

フローズンマンゴーモヒート(1,800円)。
今年の夏はモヒートフェア。用意された5種のモヒートのうちの一つ。
とろっとろのマンゴー果実たっぷりの贅沢カクテル。

ライブラリーは冷房が効いてるしコロニアルスタイルっぽい籐ソファが落ち着くのだが、
前の廊下はむーっとする外気と暗がりの中、籐椅子にローソクの明かりだけというロマンチックな空間。
この籐椅子からなら山の中のホテルならではの満天の星空を仰ぐこともできおススメ。
(ときどきヤモリが「こんばんわ」するけど)

The_atta_terrace160714

さらに一段下りればプールサイド。
流石に夜は泳げないが、
デッキチェアに寝転べば星を眺めるのに楽。

The_atta_terrace160715

水中照明の入ったプールのライトアップも、星空の邪魔にはならない。
強いて言えば、ドレスアップされたメインダイニング(夜はドレスコードあり)のお客様方からの視線が気になるくらい。

・朝食
+1。日替わりのメインを選べるブッフェ。全席指定。
窓をすべて開け放った、コロニアルなファインダイニングが朝食会場。
吹き抜ける風の音と、時おりするカトラリーの当たる音と、静かな会話の騒めき以外は静かなのも、子供客(と中国人客)がいないこのホテルの恩恵。

The_atta_terrace160716

メインの一つ、島野菜を添えたエッグベネディクト。

The_atta_terrace160717

同じくメインの一つ、あぐー豚のカツをスコーンで挟む、ひとくちハンバーガースタイル。
こちらもワイルドトマトなど島野菜添え。

The_atta_terrace160718

ブッフェからサラダとフルーツのチョイス例。
遅かったせいか、フルーツやサラダ、ハム・ベーコン類の種類は多くない。
代わりにじゅーしーやもずくなど地元の朝食系は豊富。


・ビーチ
山の中のホテルなのであまり知られていないが、
実はこのホテルはプライベートビーチ、「ビーチクラブ」を持っている。
知られていないのも当然。
今年完成したばかり。

事前(といっても直前でも空いていればOK)予約が必要なのだが、
車寄せからホテルの送迎車に乗ってわずか3~4分。
国道58号線を越え安富祖の集落に入っていき、
芝生の広場に白塗りのトレーラーハウスが置かれた、ホテル専用ビーチハウスに到着。
このビーチハウスにトイレやアルコールや軽食(ともに有料)、喫煙所(これ大事)まで完備。
テラスホテルズの白い制服の、ちょっとまえに話題になったショーン●似のバトラーの先導でフクギだかアダンだかの防風林を抜ける細道を10mも進むと・・・

The_atta_terrace160719

熱田(あった)ビーチの一部に、ジ・アッタテラスの宿泊客専用のシェード付きデイベッド(しかもダブルサイズ)が波打ち際に並んでいる。

The_atta_terrace160720
The_atta_terrace160721

南側は「熱田ビーチ」というナチュラルビーチなので、ホテル宿泊客以外の地元ィや観光客も泳げるスペース。
こうした部外者がプライベートビーチ側に入ってくると、
どこからともなくショーン●が現れて、にこやかに爽やかにやんわりと遠ざけてくださる。
まさに騎士(ナイト)。

さらに、
デイベッドであっちぃあっちぃ言ってると再びどこからともなくショーン●が現れて、
ミネラルウォーターのペットボトルと氷がたっぷり入ったシャンパンクーラーを届けてくださる。
まさに執事(バトラー)!
まさにテラススタイル!
実際、滞在中のサービスの中でこの氷入りクーラーサービスが一番ありがたかったかも。

もちろんビーチハウスでオーダーすれば、シャンパンボトルを届けてくださることも可なり。


The_atta_terrace160722_2

視界を遮るものは何もない。
(海から半魚人ぽいのがこっちに向かって歩いてきてビビるけど、あれは地元の漁師さんですから。)

まだ知られてないゆえか貸切状態で、マジのプライベートビーチを満喫できたし、
ここ使わないのはあり得ないレベル。


・チェックアウト
+1。ちょっと余裕の11時。

なおレセプションに相談しておけば、
チェックアウト後にプライベートビーチで過ごし、
シャワーと着替えはホテル併設ゴルフ場のクラブハウスの大浴場を借りることも可能。
こうした融通が利くのが、テラスホテルズならでは、あるいは全室クラブフロアのホテルならでは、と言えるかも。

■コメント

チェックアウト後にまで融通が利くことをはじめ、
ここのホテルのスタッフの親しみやすく懐が深く心地いいホスピタリティは、ザ・ブセナテラスより遥かに上。
ブセナはクラブフロア以外の客や子供客が多いゆえに、またその客室数・ゲスト数の多さゆえに、サービスの平準化を図らざるを得ず、結果としてサービスレベルが「普通のシティホテル」並みに下がってしまう。
ややコンパクトで全室クラブフロアのここ「ジ・アッタテラス」や「リッツカールトン沖縄」などなら高いサービスレベル、高いホスピタリティを維持できる、という事例。
ゴルフをやらない人や、「沖縄ならやっぱりビーチサイドのホテルに」という人には選択肢になりにくいこのホテル。
食わず嫌いだったということが良く分かった。


■楽天トラベルでの御予約は→ ジ・アッタテラス クラブタワーズ


■あわせて読みたい

 ・ 沖縄本島北部◆ ホテルオリオン モトブ リゾート&スパ
               (デラックスオーシャンツイン)
    HOT LIMIT by T.M.Revolution。
 ・ 沖縄本島北部◆ ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート
               (デラックスツイン)
    イス三昧。
 ・ 沖縄本島北部◆ ザ・テラスクラブ ウェルネスリゾート アット ブセナ
               (クラブデラックスオーシャン)
    名前が長すぎるので「ザ・テラスクラブ アット ブセナ」に改名しました。。。
 ・ 沖縄本島北部◆ カフーリゾートフチャク コンド・ホテル
               (ラグジュアリールーム・ハイフロア)
    コンドミニアムは未だに絶賛販売中。
 ・ 宮古島◆ シギラベイサイドスイート アラマンダ
               (スーペリアスイート)
    喜瀬別邸と同じように12歳以下のお子様は宿泊させないこだわりホテル。
 ・ 石垣島◆ 石垣リゾート グランヴィリオホテル
               (エグゼクティブ・シーサイドツイン)
    ビジネスホテルチェーンが作ってみた、コストパフォーマンス重視ホテル。
 ・ 沖縄本島北部◆ 喜瀬別邸ホテル&スパ
               (スーペリアツイン ハイフロアー)
    現・リッツカールトン沖縄。
 ・ 沖縄本島北部◆ ザ・ブセナテラス
               (クラブスイート)
    1泊577,500円186㎡の部屋の次にいい部屋。
 ・ 沖縄本島北部◆ ザ・ブセナテラス
               (クラブコテージ ラグジュリアススイート)
    1泊577,500円123㎡の部屋の次にいい離れ。カートに待たされる日々。
 ・ 沖縄本島北部◆ マリオットリゾート・かりゆしビーチ
               (エグゼクティブフロア)
    現・オキナワマリオットホテル&リゾート。レストランで凹む日々。
 ・ 沖縄本島北部◆ カヌチャベイ・ホテル&ヴィラ
               (オーキッドルーム)
    辺野古の対岸。



« 沖縄でリゾートに泊る◆ ジ・アッタテラス・クラブタワーズ  《クラブラグジュアリー》2 | トップページ | 那覇で泊る◆ハイアットリージェンシー那覇沖縄 《クラブデラックスツイン》1 »

47.沖縄(リゾート・離島)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49747/64070220

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄でリゾートに泊る◆ ジ・アッタテラス・クラブタワーズ  《クラブラグジュアリー》3:

« 沖縄でリゾートに泊る◆ ジ・アッタテラス・クラブタワーズ  《クラブラグジュアリー》2 | トップページ | 那覇で泊る◆ハイアットリージェンシー那覇沖縄 《クラブデラックスツイン》1 »

人気記事

  • ブログパーツ
  • Loading
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

目の疲れ対策ツール

応援ありがと(^▽^)

  • ☆ポチいただけると嬉しいですヽ(´∀`)ノ
    人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  • ☆来てみたよ報告は↓クリックどうぞ
    おきてがみ

(σ・∀・)σ

っ゚Д゚)っ

ついでに

逆リンクランキング

無料ブログはココログ